銘柄分析

ミライトホールディングスの株価を分析!今後の将来性と強み&配当、株主優待

東証プライム
証券コード:1417

今回は5G関連銘柄であるミライトホールディングスを紹介します。

5Gは国を上げての事業になりますので、国策産業と言ってもいいと思います。

その国策産業に投資することは、かなり手堅い投資ではないかと思います。

今回の記事を参考にして頂ければと思います。

※投資は自己判断、自己責任でお願いします。

ミライトホールディングスの特徴

ミライトホールディングスは、2010年10月に、大明(株)、(株)コミューチュア、(株)東電通が経営統合して発足した、電気通信工事の会社です。

【すぐわかるミライトホールディングスの特徴】

・通信工事で3位の会社

・NTT向けが収益の主体

・各モバイルキャリアから基地局工事を請け負う

・ローカル5Gに強み

・EV充電器設置事業は国内最大規模の施工実績

ミライトホールディングスは、5G関連銘柄ではありますが、それ以外でも様々な事業を展開しています。

<4つの事業を展開>

【NTT事業】
→NTTの固定系通信設備建設・保守

【マルチキャリア事業】
→全てのモバイルキャリアの通信設備建設・保守、CATV工事など

【ICTソリューション事業】
→クラウド・オフィスソリューション・Wi-Fi・放送波などICTインフラの構築をサポート

【環境社会イノベーション事業】
→メガソーラー建設工事、EV充電器設置工事、上下水道工事など

<セグメント別の業績>


(出典 ミライトホールディングス)

NTT事業で安定した収益を得ながら、他の3つの事業を拡大させて、成長させていくという感じですかね。

NTT事業以外の3つの事業は、成長分野なので、今後も伸びていくと思います。

<5G関連のマルチキャリア事業について>


(出典 ミライトホールディングス)

上のグラフを見てわかるように、5G基地局の整備は、今後も拡大していくのがわかると思います。
総務省は、5G基地局を23年度末に28万局を整備する目標を掲げています。

今後も、同社に基地局設備建設の受注は続いていくということですね。

これからが本格的に伸びていく事業なので、業績にも影響していくと思います。

業績について


(出典 strainer)

2018年あたりから、業績は右肩上がりですね。

営業利益率も上がっていて、理想的な伸びだと思います。

2022年3月期の予想はどうでしょう?


(出典 株探 https://kabutan.jp

2022年3月期の予想が出ていますが、前年と同じくらいの数字ですね。

成長が鈍化しているのではないかと残念に思うかもしれませんが、ここは大体、保守的な数字を出してくるので、あまり心配はしていないですね。

過去の業績の修正履歴を見てください。


(出典 株探)

過去の修正履歴を見てみると、大体、途中で上方修正しているのがわかると思います。

5G関連銘柄でもありますし、今回も途中で上方修正が入るのではないかと思っています。

財務について


(出典 株探)

自己資本比率が60%を超えていますし、利益剰余金も増加していますので、財務面は全く問題ないですね。

あと、有利子負債が大幅に減少しているのは、かなりプラス材料ですね。
有利子負債が、前年2020年3月末では278億円だったのが、2021年3月末では101億円で大幅に減少しています。
すばらしいです!

配当について

<1株配当金の推移>

【配当】
2019/03 40円
2020/03 40円
2021/03 45円
2022/03 50円

予想配当利回り:2.17%

配当性向:19.6%(2021年3月)

配当利回りが2%くらいなので、まぁまぁといった感じですかね。

5G基地局関連の受注も順調で、業績も伸びていく可能性が高いと思いますので、減配は考えにくいと思っています。

株主優待について

ミライトホールディングスの株主優待は、クオカードまたは、社会貢献活動団体への寄付です。

100株以上保有で、1年以上保有することが条件のようです。


(出典 ミライトホールディングス)

クオカードは使いやすいので良いとは思いますが、株式保有期間が1年以上というのは正直、外してほしいですね。
まぁ、仕方ないです。

株価チャートについて


(出典 株探)

3年間のチャートを出しています。

2020年3月のコロナショックで大幅に下落しましたが、そこからはキレイな右肩上がりに上昇しています。

素晴らしいです!
まさにアートです!

ですが、アメリカの金利上昇により全体相場が下落していることもあって、ミライトHDの株価も下落しております。

2022年はアメリカの利上げの年になりますので、株式市場にとってはボラティリティが大きい年になりそうです。

全体相場が上昇トレンドに入れば、買いの候補にしております。

5Gは国策ですので、短期的には好業績が続くと思っています。

今回の記事を銘柄選定の参考にして頂けると嬉しいです。

スマホひとつで、1株数百円から。【LINE証券】


以上。

ありがとうございました。