銘柄分析

将来性があるウェルスナビを分析!今後の株価予想と業績について

証券コード:7342

今回は、利用者急増中のウェルスナビについて分析していきたいと思います。

ロボアドバイザー業界首位であり、将来性がある注目のフィンテック銘柄だと思っています。

今は赤字が続いていますが、近いうちに黒字化してくると思っています。

今回の記事を参考にして頂けるとうれしいです。

※投資は自己判断、自己責任でお願いします。

将来性があるウェルスナビ!

ウェルスナビ(株)は、ロボットアドバイザーによる個人資産運用サービスを提供する企業です。

株式投資や投資信託とかの資産運用を、全自動でお任せするサービスですね。


(出典 ウェルスナビ)

資産運用は、やっぱりある程度は勉強しないとなかなか上手く出来ないですし、そんな時間もないよっていう人が、このウェルスナビを利用しているとのことです。

で、その利用者がかなり増えてきています。


(出典 ウェルスナビ)

上のグラフを見て頂けるとわかりますが、ウェルスナビを利用する人が年々増加しています。
運用者数が30万人近くいます。
やはり、今後の年金などの社会保障への不安から、資産運用をしている人が増えてきたし、これからも増加すると思います。

ウェルスナビは、手数料収入が主な収益源なので、すぐに爆発的な業績が出るビジネスモデルではありませんが、今後は安定的かつ持続的に手数料収入が入ってきます。

今は、広告宣伝費をかけて、ウェルスナビを広めていってる段階ですね。

そして、ウェルスナビは、金融機関などとの提携により、多くのお客さんを獲得しています。


(出典 ウェルスナビ)

顧客獲得の半数は、提携金融機関とのタイアップで獲得しており、今後においても、金融機関やその他様々な企業と提携していくと思います。

やはり、ロボアドバイザー業界No1はすごいです!

業績について


(出典 株探 https://kabutan.jp

業績は、はっきり言って悪いです。
ずっと赤字が続いています。

ですが、今は、広告宣伝費をバンバン使って顧客獲得している時期なので、この赤字は仕方がないと思います。

とりあえず、ウェルスナビの知名度を上げてお客さんを増やすことに徹しています。

そして、最近ではその企業努力もあり、黒字化する日が近いのではないかと思っています。

最近の業績では、広告宣伝費を除けば、黒字であるということですね。


(出典 ウェルスナビ)

広告宣伝費に毎年10〜15億円をかけているんですが、2020年12月期では、その広告宣伝費を除いたら1.5億円の黒字になっています。

ようやく黒字化がみえてきました!

これから投資チャンスがくるのかなぁと思います。

株価チャートについて


(出典 株探)

上場してからの株価チャート(日足)を出しています。

ピークで株価4,700円まで上昇しましたが、そこからは緩やかな下落トレンドですね。

下落中は絶対に手を出してはいけませんね。

特に成長株は、どこまで下がるかわからないですし、いきなり暴落することもあります。

ただ、将来性がある企業なので、いつかは買いたい株ですね。

とりあえず下落トレンドが完全に終了したことを確認してからですね。

はい。

以上。

ありがとうございました。