銘柄分析

日清食品ホールディングスの株価を分析!今後の将来性と配当、株主優待について

今回紹介するのは、日清食品ホールディングスです。

コード : 2897

予想PER : 22.3倍

配当 : 110円(中間55円)

商品の特徴 : みんな大好き!お世話になってます。

業績が安定していますので取り上げました。

是非、参考にしてみて下さい!

※投資は自己判断、自己責任でお願いします。

概要と業績

同社は即席麺を中心とした食品加工会社です。

「日々清らかに豊かな味をつくる」という創業者・安藤百福の言葉が社名の由来。

日清製粉、日清オイリオ、日清紡とは資本・人材含め一切無関係です。

子会社に一平ちゃんで有名な明星食品やポテトチップスで有名な湖池屋があります。

「カップヌードル」は2019年度に国内年間売上1,000億円を達成!

[業績]


(出典 株探 https://kabutan.jp

業績は常に安定しており、カップヌードルやどん兵衛などの主力商品が強いです。

2021年3月期は過去最高の業績を発表しております。
素晴らしい!ワンダホー!

国内は巣ごもり需要拡大により、袋麺・チルド麺が大幅増販。海外でも内食需要で即席めんが大幅増販。
海外でもカップめんは大人気ですね。

「カップヌードル」は50周年で販促を強化中。

2020年11月にポテトチップスで有名な湖池屋を子会社にしました。
なので、22年度の決算は湖池屋の売上が寄与してきます。

業績は全く問題ないですが、通貨安や原料高が唯一の不安な点です。

財務について


(出典 株探)

自己資本比率は40%以上あれば良いとされていており、同社は60%近くありますので問題ないですね。

剰余金も、総資産の40%以上あるので問題ないですね。

財務面は特に心配ないと思います。

配当について

【配当】
2019/3 110円
2020/3 110円
2021/3 120円
2022/3(予) 130円

配当利回り:1.52%

配当性向:30.6%(2021年3月)

2022年の配当は10円増配の130円の予定です。

株主優待について

優待回数:2回/年

権利確定月:3月・9月

<優待内容>

(出典 日清食品ホールディングス)

・100株以上300株未満(年1回)
3,000円相当の自社製品詰め合わせ(ひよこちゃんオリジナルグッズを含む)

・300株以上1000株未満(年2回)
3,500円相当の自社製品詰め合わせ+1,500円相当のひよこちゃんオリジナルグッズ

※1000株以上保有については、ホームページでご確認ください。

即席麺の3,000円分はたっぷり感があってうれしいですね。

定番のカップヌードルやどん兵衛もあるみたいですよ。

株価チャート


(出典 株探)

3年間のチャートを出しています。

2020年につけた株価10,960円をピークに、そこから大きく下落しました。

大きく上昇したり、下落したりしますので、日清食品の株を買う時はテクニカル分析は必須ですね。

こういう株を買うときの最も注意すべき点は、下落中に絶対に手を出さないことですね。

必ず上昇トレンドを確認してから入った方がいいと思います。

日清食品の業績は安定していますので、今後の株価に注目していきたいと思います。

以上。

ありがとうございました。