銘柄分析

日清オイリオの株価を分析!今後の将来性と配当、株主優待について

今回紹介するのは日清オイリオグループです。

コード:2602

PER:12.5倍
PBR:0.70倍
(割安株)

※投資は自己判断、自己責任でお願いします。

概要と業績

同社は、油脂、油糧および加工食品の製造・販売を行なっています。


(出典 日清オイリオグループ)

コロナ禍の巣ごもり需要により、家庭用は堅調ですが、業務用が不振。

しかし、業務用油脂は持ち帰りや宅配向けの販売を強化し上向きつつあります。

[業績]


(出典 株探 https://kabutan.jp/

業績はかなり安定して推移しています。

このコロナ禍の状況で食品業界が厳しい中ですが、同社は昨年とほぼ変わらない売上と利益をあげています。

コロナが明けて、外食産業が回復してくれば同社のさらなる業績アップが見込めます。

中期経営計画を発表


(出典 日清オイリオグループ)

2030年度までに売上を今の1.5倍の5,000億円を目指すと発表。

2024年度までに、成長投資に800億円をかけ、海外事業をさらに強化し、M&Aを積極的に行うと思います。

配当について

【配当】
2019/3 80円
2020/3 80円
2021/3 80円
2022/3(予) 90円

配当利回り:2.95%

配当性向:28.7%(2021年3月)

2022年は10円の増配を発表しました。

配当利回りも3%近くありますので、なかなかの配当だと思います。

株主優待について

優待回数:1回/年

権利確定月:3月

<優待内容>

自社グループ製品(1,500円相当〜)がもらえます。

 

100株以上保有:1,500円相当

200株以上保有:3,000円相当

サラダ油やオリーブオイルが送られてきますので、料理をする方は大助かりだと思います。

100株以上からもらえるのがうれしいですね。

株価チャートについて


(出典 株探)

3年間のチャートを出しています。

2019年の株価4,130円をピークに大きく下落していきました。

そして、未だに株価は低位を彷徨っています。

しばらくは、様子見ですかね。

3,000円あたりがサポート線になっていますので、3,000円まで下落して、そこから反発したところで買うのもありかなぁと思います。

業績は安定しているので、投資対象として監視銘柄にしておこうと思います。

以上。

ありがとうございました。

この他におすすめ銘柄を紹介しています。良かったら見て下さい!
25年連続増収で株価の上昇が期待できる銘柄『西松屋チェーン』