銘柄分析

グローバルウェイの株価を分析!株価上昇の理由と将来性について

東証マザーズ
証券コード:3936

今回は、株価の動きが激しいグローバルウェイを紹介します。

度々行う株式分割で株価が暴騰したりして、何かと話題の銘柄ですね。

あと、頻繁に上方修正を発表していますので、その辺の理由も書いていきます。

正直、仕手株っぽいのでリスクが高い銘柄ですね。

今回の記事を参考にして頂けたらうれしいです。

※投資は自己判断、自己責任でお願いします。

グローバルウェイの業績

【グローバルウェイの事業】

・プラットフォーム事業:クラウドアプリの開発、導入支援

・セールスフォース事業:セールスフォースのアプリ開発、導入支援

・メディア事業:キャリコネの運営

・リクルーティング事業:ハイクラス人材紹介

・シェアリングビジネス事業:スキルや経験のシェアリング

グローバルウェイは、主に企業向けクラウド・アプリケーション『Voxer』の開発・提供や、企業の口コミサイト『キャリコネ』の運営を行なっている会社です。

<セグメント別の業績>


(出典 グローバルウェイ)

突出している事業はなく、どの事業も満遍なく売上がある感じですね。

利益に関しては、リクルーティング事業が好調のようです。

<業績>


(出典 株探 https://kabutan.jp

事業拡大に伴う先行投資で、ここ数年は赤字が続いていましたが、2022年3月期は黒字予想が出ました。

本業の儲けを示す営業利益が黒字転換したのはプラス材料ですね。

経常利益に関しては、暗号資産タイムコインの売却益を計上しますので、通期で4億円の黒字の予想です。

売上も40%以上増加していますので、業績は好調のようです。

株価上昇の理由

グローバルウェイの株価の動きが激しいのはなぜでしょう?

それは次の2つが理由です。

①頻繁に上方修正を発表

②連発する株式分割

①頻繁な上方修正

グローバルウェイは頻繁に上方修正を出しています。

それは、本業の業績が好調で上方修正を出しているわけではなくて、海外子会社TimeTicket GmbHが保有する暗号資産タイムコインを売却しているからです。

タイムコインを売却しているのは、資金調達が主な理由ですね。

この売却益が営業外収益として計上されるので、上方修正されるというわけです。


(出典 株探)

2021年7月から11月までの5ヶ月の間に4回も上方修正をしています。

タイムコインを売却するたびに上方修正を発表しています。

最初の上方修正で株価がかなり上昇しました。


(出典 株探)

赤い矢印のところで1回目の上方修正を発表したのですが、その後の株価は暴騰しています。
70円くらいだった株価が550円くらいまで跳ね上りました。

ただ、その後の上方修正の発表では株価は下がっていますので、もう上方修正は効かなくなっていますね。

②連発する株式分割


(1回目)
1:5の株式分割を発表 2021/8/26
(2回目)1:3の株式分割を発表 2021/10/13
(3回目)1:2の株式分割を発表 2021/11/17

短期間で株式分割を3回も行なっています。

株式分割をしても株の価値は変わらないので、理論的には株価への影響はあまりないのですが、グローバルウェイの場合は、株式分割の発表をするたびに株価が急上昇しています。

クレイジーなチャートですよ。


(出典 株探)

赤い矢印が株式分割を発表した箇所です。

発表するたびに株価が大幅に上昇しているのがわかります。

ただ、3回目の株式分割発表の時は、急上昇したあとに急落しています。

かなりやばいチャートですね。

もう爆上げは期待できないかもしれませんね。

今後も株式分割はあるのでしょうか。

もう1回くらいありそうですが・・・。

まとめ

結論として、グローバルウェイの株は手を出さない方がいいと思います。

頻繁な上方修正や連発する株式分割での株価上昇は、本業の業績を無視した動きなのでかなりリスクが高いですね。

まぁ、仕手株っぽいですね。

はい。

過剰に上げられた株価は、これから下がっていくと思っています。

適正な株価に落ち着いてから投資を考えた方がいいと思います。

以上。

ありがとうございました。