銘柄分析

USEN NEXT HDの株価を分析!将来性と強み&配当、株主優待について

今回は、USEN NEXT HOLDINGS(ユーセンネクストホールディングス)を紹介したいと思います。

旧母体USENが傘下の持株会社で、店舗・施設向け音楽サービス、動画配信、格安スマホ等の提供を行っている会社です。最近では、動画配信サービスの「U-NEXT」が有名で、その会員数が増加しています。

緊急事態宣言による巣ごもり需要で業績が期待できる銘柄でもあるので、是非、銘柄選定の参考にしてみて下さい

※投資は自己判断、自己責任でお願いします。

USEN NEXT HDの業績

<根拠その1> 業績が良い+巣ごもり需要がある

[出典 株探 https://kabutan.jp]

業績に関しては、売上、利益共に順調に推移しています。店舗サービスは新型コロナにより解約増が響き大幅後退しましたが、動画配信サービス(U-NEXT)が会員数増加で大幅に伸長し、店舗サービスのマイナスをカバーしています。

2回目の緊急事態宣言により、動画配信サービスの会員数がさらに伸びる可能性があります。

今後の新しい展開としては、21年から医療機関等で導入される資格確認機器の販売を開始し、積極的に販促していくものと思われます。今後の業績にも影響してきますね。

2021年8月期の予想では、売上、利益ともに過去最高を更新する予定です。

素晴らしい!
ワンダホー!

U-NEXTは満足度が高い

<動画配信サービスの利用者数>


[出典 プレスリリース]

動画配信サービス利用者数は、Amazon Primeが圧倒的に1位なんですが、U-NEXTもトップ5にいます。

<動画配信サービスの満足度>


[出典 プレスリリース]

動画配信サービスの満足度で、U-NEXTは89.1%と満足度が高いです
あのAmazon primeよりも満足度は高いです。

また今回、2021年1月7日に緊急事態宣言が1都3県に出されましたが、さらに地方に広がる可能性が高いです。家にこもる人が増える事によって満足度の高いU-NEXTのさらなる会員数増加が見込めます。

この巣ごもり需要によって、業績の上方修正もあると思います。もちろん、そうなれば必然的に同社の株価も上がります。

配当について

2018/8 0円
2019/8 5円
2020/8 8円
2021/8 12.5円

配当利回り:0.43%(2021年8月)

配当性向:9.8%

配当については、好業績もあって増配傾向ですね。

今の業績から考えれば、まだまだ配当を出せる余力はありますし、今後についても期待してもいいと思います。

株主優待について

優待回数:2回/年

権利確定月:2月・8月

<優待内容>
①「U-NEXT」で利用できるポイント
②「U-NEXT」の利用料

100株 ① 1,000円相当+② 90日分
1000株 ① 毎月1,800円相当+② 1年分

③「プレミアム優待倶楽部」の優待ポイント

株式保有数 <2月>
500株 5,000円相当(5,000ポイント)
600株 10,000円相当(10,000ポイント)
700株 15,000円相当(15,000ポイント)
800株 18,000円相当(18,000ポイント)

※900株以上についても、株式保有数が上がるにつれて、もらえるポイントも上がっていきます。

「U-NEXT」を契約している方や、今から契約を検討している方は、USEN-NEXTの株主優待をもらうのもいいのかもしれません。
業績もいいですしね。

株価チャートについて


(出典 株探)

3年間の株価チャートを出しています。

好業績を背景に、株価も上昇していますね。

日経平均株価やTOPIXなどの指標が下落傾向でも、同社の株価のように上がっている銘柄を狙いたいですよね。

こういう買い圧力が強い銘柄を選んで投資したいものです。

以上。

ありがとうございました。